代表の紹介

抗酸化陶板浴なごやか代表 名古屋

温熱家

代表 名古屋厚尚

動画【なごやか式が成功するまで】

「もう無理、限界、気が狂いそう。」

私の名前は、名古屋厚尚。

私自身の個人的な話をさせてください。

 

とある11月初めの土曜日。

 

深刻な表情の父親に、そばにいる母親。

何が起こったのかと、私にも緊張が走る。

 

そして、父親が、、、

 

「実はな、お父さんガンなんだって。」

 

「(えっ!?)・・・・・・・・・。」 

 

「末期ガンで余命宣告もされたんだ。」

 

私は、平静を装うことで精一杯でした。

 

「余命宣告って?」

 

「あと3ヶ月だってさ。」

 

「出来る治療はないの?」

 

「もう手術も放射線も出来ない状態で、出来るのは抗がん剤だけだってさ。」

 

私はショックでした。

今朝出掛けるときは、いつも通りの父親だったのに。

 

悲しい顔をすると良くないと思い、私はシャワーを浴びにいきました。 

そして、シャワーのお湯を出した瞬間、大粒の涙がこぼれ、ずっと泣き続け、涙が止まりませんでした。

何をやっても上手くいかない日々、、、

父親のショックは大き過ぎました。

 

この日から顔色は一気に悪くなり、食事はまったく食べられなくなりました。

しかし、私は諦めることが出来ませんでした。

 

何か治療があるはずと考え、必死に調べました。 

それからは本当に色々なことをやりました。

 

医療ジャーナリストに会いに東京に行き、医療に関する裏話を聞きました。

そして、病院には頼らず自分で治すことを決めました。

 

食事療法にびわの粉末、ホメオパシーと漢方と水素水、

ファスティング(断食)やサプリやジュースなど試せるものは何でもやりました。

今思えば、危険としか思えない療法にも手を出したりもしました。

 

しかし、何をやっても

食欲が湧かない、

痛みが取れない、

楽にならない、

気分が良くならない。

そして、、、

 

3ヶ月という月日はあっという間で、父親は亡くなりました。

 

「こんな出来事は二度とごめんだ。医者が治せないなら俺が治す。」

私は、そう心に強く決め、父親を亡くした1ヶ月後には勤めていた会社を辞めていました。

最初の出会いは温熱療法。

一般医療に疑問を感じた私は、民間医療について調べていました。

 

「これだ!」

 

私は、数千年もの長い歴史のある療法を見つけました。

それが、温熱療法です。

 

この技術を身につけようと決意しました。

早速、東京にある温熱療法の学校に行きました。

そこで認められ、東京の治療院でも修行することになりました。

 

修行中は毎日猛練習です。 

痛がってた人の痛みが取れる、苦しんでた人が楽になる。

こんなに楽しいことはありません。

 

もっともっと上手になりたい、上手になってもっと楽にしてあげたい。

私は積極的に温熱の練習をしました。

先生たちもどんどん本気になり、昼休みも練習の時間に当ててくれました。

 

そして、周りの人たちの支えがあり、

修行開始からわずか2ヶ月、史上最速のデビューで患者さんの担当をすることになりました。

 

このことは、今まで何一つとして何かを継続して成し遂げたことのない私にとって、とても自信になりました。

8年も悩んでいた不調がたったの1回で…

私がまだ駆け出しの頃、8年も坐骨神経痛で悩んでいる人に温熱療法を行ないました。

 

この人は8年もの間、2ヶ所の治療院に週2回も通っていました。

でも、今まで痛みが消えたことはありません。

 

その人が次の日、連絡をくれました。

 

「すごいです!痛みがないです!」

座ったときの痛みがなく、正座も出来るようになったそうです。

 

温熱療法にお越しいただく人は、全国どこに行ってもダメだったという人ばかりです。 

猛練習をしたとはいえたった2ヶ月の私が、そんな人たちから感動いただけるなんて温熱療法はすごいなと思いました。

首から全身を良くする最強の技。

ある日、私は1つのことに気づきました。

とある先生の患者さんだけ、結果が非常に良いことです。

 

その秘密が、首の治癒力手技でした。

 

あなたは

「首が治れば万病が治る」

という言葉を聞いたことがありますか?

 

つまり、首が良くなれば全身が良くなるのです。

 

ただ、首の手技は数ある施術の中でも一番難しいと言われる技術です。

なかなか出来る人がいません。

 

しかし、私は絶対に身につけようと思いました。 

そして猛練習です。

 

ですが、なかなか思うようにいきません。

「やっぱり無理か」と諦めそうな時もありました。

 

ですが諦められません。

これを身につけるかどうかで、結果が全く違うものになるのですから。

 

そして、一年が経過したある日…

 

「あれ、首がすごい楽になってる。」

と患者さんから驚かれるようになりました。

 

他の先生たちに次から次と頼まれて、私の担当以外の患者さんにまで首の手技をやることになりました。

「でも病気が治らない。」

温熱療法も首の手技もかなりのレベルになり、難しい症例の人の施術も多く経験し、施術の腕はかなり上達しました。

他の先生たちからは期待のホープだと言っていただけるようにもなりました。

 

しかし、1つの疑問が湧いてきました。 

「でも病気が治らない。」

 

 

温熱療法をするとその場は痛みや不調も楽になる。

それ自体は凄いことですし、とても良いことなのですが、、、

3日から一週間もすれば元の状態に戻ってしまいます。

 

この原因が、治療に携わる人がよく言う「戻り」です。 

治療しても「戻り」があるから間隔を開けずに治療が必要と言います

 

でも、それっておかしいとあなたは思いませんか?

 

それでは治療で良い状態を保つだけで、身体は根本的には良くなっていません。

それでは見せかけを良くするだけです。

このやり方では、本当に病気や不調が解決することはありません。

 

私は、病気の本当の原因について考えました。

そしてある日、ついに納得のいく答えにたどり着きました。

 

あらゆる病気や不調の原因、それは、、、

現代に溢れる毒です。

なごやか式陶板浴で得られること。

現代に溢れる毒、つまり現代毒を一言でいうと、、、

「本来は自然界に存在しない、人が作り出した毒」です。

 

そしてなんと、、、

現代毒の種類も量も世界一多いのが日本です。

現代毒の多さに比例して、ガンや難病やアトピーその他もろもろの病気も世界一多いのが日本です。

 

そしてこの現代毒、、、

一度身体に入るとなかなか出ていかないのが特徴です。

 

「これだ!」

 

私は、本気で病気や不調を解決したいなら、現代毒をいかにして出すかが大切だと考えました。

 

そして、私が見つけたのがじんわりかく汗です。

なごやか式陶板浴は一般的な陶板浴とはまったく違います。

 

現代毒を出すために、じんわりかく汗にこだわったのがなごやか式陶板浴です。

なぜなら、じんわりかく汗は食品添加物や農薬、放射性物質や重金属などの現代毒を強力に排出してくれるからです。

陶板浴でまた失敗…

陶板浴で現代毒を出せば病気や不調は解決する。

私はそう考えました。

 

実は、陶板浴なごやかも最初は陶板浴だけで開業しました。

しかし、開業当初の陶板浴は大失敗で病気や不調が良くなることはありませんでした。

 

なぜなら、私が大変な思いをして身につけた温熱療法と首の手技を封印していたからです。

 

現代毒を出すためには陶板浴に入る前に温熱療法と首の手技を行うことこそが重要だったのです。

この2つを陶板浴の前に取り入れるようになってから、陶板浴で圧倒的な効果を発揮することになりました。

なごやか式の約束。

なごやか式は、あなたが本気で悩む不調や病気を解決することを約束しております。

 

ですが、今までの自分を何も変えずに状況を変えたいという人は、なごやか式には向きません。

なごやかにお越しいただく人は、食事なども変えたけど良くならなかったという人たちばかりです。

 

そういう人は良くなります。

 

あなたも

色々と頑張ってみたけれどもダメだった」というのであればお任せください。

 

あなたが本気で悩む不調や病気を解決していくことを、なごやか式は約束していきます。

 

なごやかではアトピーを中心に、ひどい頭痛や肩こりや首痛や腰痛、

自律神経失調症やホルモンバランスの乱れ、

アレルギー、不眠、生理痛、子宮筋腫、冷え、食欲不振などを解決された方たちで溢れています。

 

 

プロの温熱家として、、、

 

あなたが本気で悩む、不調や病気の解決に力を貸します。

身体の中から美しくなる本物の美しさで、活き活きとした人生にする手助けをしたいからです。

「私の不調は解決できない、と諦めた時に頼るべき男」です。

 

お任せください、私がお役に立ちます。

【こちらのページもおすすめ!】

抗酸化陶板浴なごやか代表 名古屋

〈温熱療法とは〉

結果を出す秘訣

温熱療法

〈首の手技とは〉

最も難しく効果のある手技

陶板浴とは

〈陶板浴とは〉

現代毒を出す方法