※スマホをご利用の方へ※

右上の3本バーをタップするとページメニューが見られます。

温熱療法と陶板浴で良くなる人、ならない人。

温熱療法と陶板浴

温熱療法と陶板浴に来た2人の女性。

From 名古屋厚尚

 

今から1年前。

2人の女性がいました。

 

2人とも歳が近く、

悩む不調も症状も知識も同じくらいです。

 

主な症状は、不眠やパニック症候群、

首や肩の痛み、めまいや生理痛などでした。

 

彼女らはよく似ていました。

ふたりとも本当に不調を解決したいこと。

 

治療をして、不調に悩むことなく、

日常を過ごす。

不調や症状に振り回されない

安心した生活を過ごすことを

望んでいました。

 

それから1年後、

相変わらず2人は似ていました。

 

それは1年前に願った夢、

不調に悩まない生活を送ることを

叶えていたのです。

 

しかし彼女らには、

大きな違いもありました。

たった一つの違い。

2人の女性の大きな違い。

 

それは、体調がどんどん良くなるか

ならないかです。

 

何が、この違いを生んだのでしょうか?

 

あなたはこれまで、治療の結果や治療の成功について、

何がこのような違いを生むのかを考えたことがありますか?

それは生まれ持った体質の違いでも、運の違いでもありません。

 

1人が温熱療法と陶板浴が合って、

1人が合わなかったからでもありません。

 

その違いは、温熱療法と陶板浴を体験して何を感じたのか、

そして、今までの知識や情報を

どのように使うのか、によって生まれたのです。

今までと変わらない考え方。

1人の女性の口ぐせは

「私は治らない」

でした。

 

なぜなら、医者に

「あなたの症状は重症だから一生付き合っていく病気だよ」

と言われていたからです。

 

温熱療法と陶板浴を体験しても

良さがイマイチ分かりません。

 

それでも、1年もしないうちに

最初に訴えていた不調は

全て解決しました。

 

しかし、基本的に週1回、

ひどい時には週2回のペースで

なごやか式をやった割には

良くなるまでに時間がかかりました。

 

なぜなら、良さを感じることが

出来なかったからです。

 

良いものを良いと感じる。

 

人が本来持つ直感や本能が

鈍かったのです。

 

そして、今までの常識や固定概念にも

縛られていました。

 

医者が正しい、クスリを飲まないといけない、

こんな知識や情報が

この人の治癒を妨害していたのです。

感じたままを大切にする。

もう1人の女性は違いました。

 

この女性は、

左足の内股に出来た

良性の腫瘍を

手術で切ったことがあります。

 

しかし、1ヶ月もしないうちに

同じところに腫瘍が

出来てしまいました。

 

この経験から、

手術をしても意味ないな、

身体を根本から変えないといけないな、

と考えていました。

 

そして、温熱療法と陶板浴の

なごやか式を見つけました。

 

そして、温熱をしている時

良さがすぐにわかりました。

 

「あ、肩の緊張が抜けていく。」

 

この女性はずっと、

ひどい不眠に悩んでいました。

 

それにも関わらず、

なんとその日から

眠れるようになりました。

 

温熱療法と陶板浴4回で

パニック症候群も

大丈夫になりました。

 

東京の新宿までの満員電車も

問題なく乗れるようになりました。

 

体調不良で仕事を半年ほど

休んでいたのに

あっという間に仕事復帰が出来たのです。

 

左足の内股に出来ていた

良性の腫瘍は

股からひざまでの半分以上にかけて

腫れと張りがありました。

 

それも今では

股の付け根にあるだけに

小さくなっています。

(正確に言うと、この女性はなごやか式を始めて8ヶ月です)

温熱療法と陶板浴で一番結果が良いのは?

 

2人の何が違くて

結果の早さに違いが生まれたのでしょうか?

 

それは、感じる力です。

 

良いものを良いと感じる。

自分の身体が変わっていると

感じる力です。

 

あなたは、温熱療法と陶板浴で

一番結果が出るのは

誰だと思いますか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

、、、、、、

 

答えは、犬や猫です。

 

犬や猫は本能や直感が強いです。

なので、何が良くて何が悪いのかを

一瞬にして見極めます。

 

良いものを良いと感じるので

どんどん良くなっていきます。

 

また、人と違い

無駄な知識や情報がありません。

 

医者が正しいと思いませんし、

そもそも知識や情報で考えません。

 

頭で考えるのではなく

身体で感じるのです。

 

温熱療法と陶板浴と子ども。

動物の次に結果が良いのは

人の子どもです。

 

なぜなら、子どもは一番

野生に近いからです。

 

本能や直感が大人より優れていて

良いものを良いと感じます。

 

知識や情報もありませんし

常識や体裁も気にしません。

なので、良いものが

素直にスッと入ってきます。

 

しかし、子どもは

母親がどう感じているのかにも

敏感です。

 

なので、母親が半信半疑だと

子どもも不安になります。

 

子どもの不調の解決は

母親しだいと言うことです。

 

「子どもの主治医は母親。」

 

という言葉がありますが、

まさしく確信をついております。

 

なごやか式の予約は048-265-2060

温熱療法と陶板浴と女性。

 

温熱療法と陶板浴に

女性と男性のどちらが合うのか。

 

この答えは、

間違いなく女性です。

 

なごやかの顧客も

95、4%が女性です。

 

基本的に女性の方が、

頭で考えるのではなく

感覚を大切にする人が

多いようです。

 

だからこそ、

良いものを良いと感じる。

それが出来るのです。

 

もしあなたが、

そういうタイプの女性なら

なごやか式が

非常に良い結果を

もたらしてくれることでしょう。

 

 

なごやか式の予約は048-265-2060

温熱療法と陶板浴が合わない人。

 

逆に、男性はダメな人が多いです。

 

なごやか式を気に入った女性が、

よく旦那さんを連れてきてくれます。

 

私が温熱療法でものすごい手応えを感じ、

本人が驚いて喜ぶぞ、と思っても

何もわからないケースが多いです。

 

男性は、本能や直感を

失った人が多いのです。

 

だから、本当に良いものを良いと

感じることが出来ない人が多いです。

 

そして、大抵の男性は

理論の奴隷であり

医者の奴隷です。

 

医者の権威にすがる人が多く

自然療法には向かない人が多いです。

 

そして、最近は女性でも

こういうタイプの人が

増えています。

 

つまり、女性の脳が

男性化しているのです。

 

理屈や理論で物事を考え、

知識や情報で頭がいっぱいで、

医者の権威にすがる。

 

こういう人はなごやか式には

向きません。

 

結果は出ないので

来ない方が良いでしょう。

 

どうぞ、大好きな病院に行き

何も出来ないお医者様にすがり

大好きなクスリ漬けの毎日を

楽しんでください。

 

そして、無駄な医療費を

子どもたちに背負わせる

迷惑な大人の道を歩んでください。

 

私がお役に立てることは

1つもありません。

 

しかし、あなたが

理論や理屈で考えるタイプではなく

病院や医者に疑問を抱き始めたなら

なごやか式で良くなる

チャンスがあります。

 

今までの常識や体裁、

知識や情報を捨ててみてください。

 

そして、あなたが感じる

本能や直感、

あなたが本来持っている

能力を最大限活かしてみてください。

 

驚く結果が得られますよ。

 

予約の電話は048-265-2060

 

更新日 2019.07.01

【本当に治したい人の治療情報】

なごやかのホームページでは、情報や考え方もお伝えしていきます。

スマホをご利用の方は、各ページの最下部にある「サイトマップ」をタップしても記事一覧が出ます。

【こちらのページもオススメ!】

三井温熱療法

〈温熱療法と陶板浴の誕生物語〉

上手くいかない日々、、、

〈首の手技とは〉

共通点の多い28歳の女性の話。

陶板浴 岩盤浴 違い

〈なごやか式とは〉

あなたの不調を解決するなごやか式とは?