※スマホをご利用の方へ※

右上の3本バーをタップするとページメニューが見られます。

ガンの正体

この記事は、こんな方におすすめ。

・ガンをはじめ、治らない病気はないということ、知っていますか?

 

・治る人と治らない人には、考え方に大きな違いがあること、知っていますか?

 

・病気の原因と向き合い、はじめて方法が活きてくること、知っていますか?

 

・食べ物の大切さや、市販されているものが安全ではないこと、知っていますか?

 

・患者の望みと病院の治療には大きなギャップがあると思いませんか?

治療が成功する人、しない人の違い。

4年前のある日、2人の女性がほぼ同じ時期にガンを宣告されました。

 

2人には共通点が多くありました。

どちらも40代の女性で、末期に近い乳がんのステージ3。

 

2人に提示された治療は、手術と術後の抗がん剤と放射線でした。

 

彼女らには他にも共通点が多くありました。

どちらも結婚をしていて、2人の子供がいました。

世帯年収もほぼ同じで、治療に掛けられるお金も同じでした。

 

そして、2人の手術は無事に成功しました。

 

ただし、異なる点が1つありました。

2人のうち1人は、1年も経たないうちに亡くなりました。

もう1人は今も元気に生きています。

その差が生まれた理由。

「なぜこのような差が、人々の間に生まれるのだろう?」

そんな風に思いませんか?

 

生まれつきの体質や遺伝、ガンのステージは関係ありません。

 

結果の違いは「ガンの原因に対する考え方」、そして「あなたが解決策をどう考えるか」にあるのです。

 

亡くなった女性は、「ガンをいかにして消すか」を考えました。

そのために、とにかくガンを消してくれそうな治療を必死に探しました。

 

そして、たとえ抗がん剤や放射線のように身体をボロボロにする治療であっても積極的に受けました。

 

目先のことを考えれば、それらの方法でガンが小さくなったり消えたりすることは多々あるからです。

 

しかし、半年後や一年後。

身体をボロボロにした代償は大きく、元よりも大きくなったガンが身体のあちこちに出来てしまいます。

 

そして、抗がん剤も放射線も出来ない状態になり、他の治療も出来なくなってしまうのです。

今も元気な女性の最初の決断とは。

では、今も元気な女性は何をしたのでしょうか?

 

まず「ガンの原因」について考えました。

キーワードは、現代毒です。

 

現代毒を一言でいうと、本来は自然界に存在しない、人が作り出した毒です。

ガンの固まりは、つまり現代毒の固まりではないかと考えたのです。

 

そして、抗がん剤と放射線に疑問を抱きました。

この2つについて調べた所、抗がん剤も放射線も猛毒であることがわかりました。

 

今までの生活環境で、現代毒が蓄積したことでガンになった。

なのに、猛毒を入れれば悪くなる一方ではないか?

 

そう考えたこの女性は、医者の提示をキッパリと断りました。

抗がん剤も放射線も一切やらないことを決断したのです。

成功した女性の最初の解決策とは。

ガンの原因が現代毒なら、それを身体に入れないようにする。

これが、最初に考えた解決策です。

 

まずは、食事が大切と考えました。

現代の食事について調べると数多くの問題点に気づきました。

農薬や食品添加物、遺伝子組み換えやトランス脂肪酸などの危険性について知りました。

 

そして、健康に良いと思って飲んでいた牛乳が、乳がんの増加に大きく影響していることを知りました。

甘いもの好きでしたが、砂糖は覚醒剤の始祖であることを知り、とても危険だと気づきました。

 

さらに、食事以外にも住宅毒や電磁波、経皮毒などの存在も明らかになってきます。

特に、女性は化粧品の影響も強くあることがわかりました。

 

無理をせず、出来るところから徐々に取り組んでいきました。

しかし、思うように体調が良くならないので、またまた疑問が浮かんできました。

 

「本当に、自分は良くなるのだろうか」

 

すると、あることがわかってきました。

食事などに気をつけることで、現代毒が身体に入らないようになった。

しかし、今までに蓄積した現代毒は身体の中にそのまま残っているということです。

成功した女性の完成した解決策。

根本的にガンを治し、そして再発しないためには、現代毒をいかにして出すかが大切と考えました。

しかし、一度身体に入った現代毒の排出は非常に難しいことを知りました。

 

「なるほど、今まで体調が良くならなかったわけだ。」

そう思いました。

 

そして、あらゆる方法の解毒やデトックス法を知りました。

でも、それらを実際に体験しましたが思うような結果が得られません。

 

巷に溢れる多くの治療やデトックス法では、現代毒が出ていかないことに気づきました。

 

どうにか生きてはいるが、冷えも強く安心が出来ない。

自分の選択は間違っていないと信じている。

しかし、本当に大丈夫かという不安も抱えながら日常を過ごしていました。

 

そんなある日、なごやか式を知りました。

なごやか式とは、現代毒を排出することに特化した方法です。

 

現代毒が出て行くと、体調がみるみるうちに変わっていきました。

冷えが解消していき、体温も上がっていきました。

 

今では、ガンの再発に怯えることもなく元気に生きています。

友人からは、手術前より肌もキレイで顔色が明るくなったと褒められるそうです。

 

術後のガンの方は、普通なら顔色が悪いままです。

これは、現代毒が蓄積している証拠であり、再発の危険性は大です。

 

それが、なごやか式をやるとキレイで明るい顔色になってしまうのです。

これは、現代毒が確実に出ていっている何よりの証拠です。

 

予約の電話は048-265-2060

現代毒を排出するなごやか式とは。

なごやか式は、巷に溢れる解毒やデトックス法とは違います。

現代毒に着目し、現代毒を出すことに特化した方法です。

 

なごやか式を一言で説明すると、温熱療法で現代毒が出やすい身体にし、直後に陶板浴に入って現代毒を出します。

 

なごやか式の陶板浴は、ただの陶板浴ではありません。

現代毒を出すことに着目し、「じっくりかく汗」にこだわった陶板浴です。

 

この「じっくりかく汗」というのが、実はポイントです。

「じっくりかく汗」は、農薬や食品添加物、放射性物質や重金属などの現代毒を排出してくれます。

 

なごやか式は強力です。

今まで、ガンが再発した方は1人もいません。

なごやかの顧客でガンになった方もいません。

 

なぜなら、ガンの原因である現代毒を出すことに特化した方法だからです。

 

なごやか式の予約は048−265−2060

おまけ:感情も診るなごやか式。

人によって現代毒が溜まりやすい人とそうでない人がいます。 

これは、あなたの持つ感情が影響するのが長年の研究でわかっています。

 

さらにガンの出来るところによって、あなたが持つ「隠れた感情」というのがわかります。

これが本当にあたります。

 

先ほどの乳がんの女性の話をします。

この女性は左に乳がんがありました。

 

まず、胸は女性の象徴なので、女性であることを否定したいと考えます。

左にあるので、嫁や姑などの女性関係が問題で女性であることを否定したいととらえます。

 

これが右にあるとまた意味が違います。

そして、胃ガンや大腸ガンや子宮ガンなどすべてに意味があります。

 

これは、普通ならあなたは気づきません。

無意識の中の意識、というものです。

この「隠れた感情」にあなたが気づき、あなたの感情を解放してあげることが大切です。

 

なごやか式の予約は048−265−2060

私自身の経験。

私がなごやか式を始めたのは、父親をガンで亡くしたことがきっかけでした。

 

父親が余命3ヶ月の末期ガンを宣告された時、担当の医者が「抗がん剤だけは出来るから」と熱心に勧めてきました。

抗がん剤について徹底的に調べた私は、その医者に質問しました。

 

「先生なら、家族に抗がん剤やりますか?」

 

「いえ、やりません。」

 

「・・・・・・・・・・。」

 

病院では、とてもユニークで、とても無知で、とても不勉強で、とても無責任で、とても他人事な医者が、とても優しい顔して、

とても有害で、とても無意味な治療を勧めてくれます。

 

この経験から、父親を亡くした私は勤めていた会社を辞めました。

病気のことを勉強して治したいと強く思ったからです。

 

あの時の悲しさと悔しさをバネに、徹底的に勉強した私は、なごやか式という方法を手に入れました。

ですが、なごやか式という方法を手にしても、私の父親を助けることはもう出来ません。

 

ガンという問題を解決する方法はいくつでもありますし、実際に解決した人は多くいます。

あなたは、常識を疑いガンを解決する本物の治療を選んでください。

 

更新日 2019.01.13

【おすすめの記事!】

〈治療の選び方〉

西洋医学5つの流派とは?

〈現代毒とは〉

恐ろしい現代毒の次の犠牲者はあなた?


【こちらのページもおすすめ。】

〈温熱療法とは〉

治療する人?しない人?

三井温熱療法とは

〈なごやか式とは〉

知らないと損するなごやか式とは?

〈初めての方へ〉

1日3名限定の完全予約制です。