陶板浴の効果でアトピーを良くする方法

陶板浴のミネラルクリームとアトピー お悩み相談室

あなたのアトピーは陶板浴で効果なし?

もしあなたが、
「陶板浴でアトピーが良くならない。」

「陶板浴の効果を感じない。」

「そもそも本当に陶板浴でアトピーが良くなるのか?」

と思ったことがあるなら、この記事をお読みください。

他にも、
・本気でアトピーを解決したい
・アトピーに効果的な方法を知りたい
・なぜ、自分のアトピーが良くならないのか知りたい
と思うなら、これから話すことがきっと役に立ちます。

陶板浴でアトピーに効果を出す方法

このページでは、なごやか式の実例と共に、アトピーに効果的な陶板浴の入り方をお伝えしています。

なごやかにお越しいただく方は、もともと他の陶板浴に通われていて、でも陶板浴の効果なしのため、なごやか式の陶板浴に来られるというパターンが非常に多いです。
関東の埼玉・東京・千葉を中心に、それ以外の遠方からもお越しいただいております。

そして、他の陶板浴はもちろん、どんな治療をしてもダメだったという人たちが、なごやか式の陶板浴で良くなっています。

ここでは、なごやか式の陶板浴でアトピーを解決した事例と共に、陶板浴の効果を出すミネラルクリームの効果的な使い方について紹介します。

陶板浴の効果とアトピーの事例

生まれつきのアトピーで悩んでいるのは、小学校1年生の女の子でした。
いわゆる、一目見ただけで誰もがアトピーだとわかる状態です。
最初の印象は、顔色が青っぽく、肌がガサつき、常に身体のあらゆるところをかいているという感じでした。
そして、アトピーで悩んでいる人によくある特徴ですが、身体全体がむくんでいて、太っていないのに大きく見える感じでした。

なごやか式では陶板浴に入る前に、私が行う温熱療法を受けてもらいます。
するとやはり、首から肩、背中から腰に至るまで、身体が全体的にむくんでいました。

特にひどいのが腸と副腎でした。
腸と副腎は、アトピーを解決するための重要なポイントです。

なぜなら、腸が良くなれば、全身に行き渡る血液がきれいでサラサラの血液になります。
そして、副腎が良くなれば、皮膚の炎症にものすごく効果的なステロイドが自分の身体からしっかりと出るようになるからです。

温熱療法は、身体の固いところ(つまり悪いところ)を中心にどんどん熱を入れていきます。
ちなみに、身体の固いところとは、身体が冷たくなっているところであり、血流が悪くなっているところでもあります。

あなたの身体の固いところを放っといたまま陶板浴に入っても、陶板浴の効果は出ません。
もしあなたが、陶板浴の効果を感じないと思っているならば、あなたの身体はかなり固くなってしまっている証拠であり、そのために陶板浴の効果が出ないのです。

ちなみに、あなたの悩みがアトピーなら、腸や副腎のポイントを中心に固くなっているはずです。
他にも個人差がありますが、甲状腺・胸腺・肝臓などのポイントが固くなっています。
これらのポイントを柔らかくしてから陶板浴に入ることが、あなたのアトピーを解決するために重要なことなのです。

この小学校1年生の女の子は、腸と副腎がポイントでしたが、なごやか式をやっていく中で肝臓のポイントも固さが出てきました。
なごやか式の陶板浴をやっていくと、どんどんアトピーが良くなっていくのですが、最初には出てなかった固さが身体の奥からどんどん出てくるのです。
そして、その固さも柔らかくしていくと、さらにアトピーがどんどん良くなっていきます。

この女の子は、なごやか式の陶板浴を1回やっただけで、顔のアトピーはきれいになり、顔を見ただけではアトピーとはわからなくなりました。
そして、なごやか式の陶板浴を続けると1回やるごとに身体がどんどん変わり、女の子のアトピーもどんどん良くなりました。
最終的には、周りの友達と比べても一番きれいな肌でツヤが良い、きめ細やかな肌になるまで良くなったのです。

陶板浴のミネラルクリームの活用法

なごやか式の陶板浴は抗酸化陶板浴ですが、もしあなたが抗酸化陶板浴に通っているならミネラルクリームがあると思います。
ここではミネラルクリームを活用して陶板浴の効果を出す方法をお伝えしたいと思います。
還元陶板浴でも同じようにクリームがあるので、それでも大丈夫です。

もしあなたがアトピーで悩んでいて、すでにミネラルクリームを使っているなら、かゆいところや肌の荒れているところにミネラルクリームを塗っていると思います。
それはそれで構わないです。

しかし、本当にアトピーを解決しようと思うなら、かゆくなってしまう原因のところにミネラルクリームを塗ることが大切なのです。
つまり、アトピーに関係する内臓のポイントにミネラルクリームを塗るということです。

陶板浴のミネラルクリームを塗るポイント

では具体的に、あなたが悩むアトピーの場合は、身体のどこにミネラルクリームを塗れば良いのでしょうか?
このページの一番上の画像を参考にしながら、続きをお読みください。

まず、先ほどもお伝えしましたが、あなたがアトピーで悩んでいるならば、腸と副腎が必ずと言って良いほどポイントになります。

その中でも、上の画像の③の部分、十二指腸がポイントになります。
お腹側では、おへその右側です。
そこにミネラルクリームを塗ってください。
そして背中側では、おへその右側の裏側にあたる部分にミネラルクリームを塗ってください。
十二指腸のポイントを挟むようにして塗るのです。

もう1つ、大切なポイントなのが、副腎です。
副腎とは、ステロイドを出す内臓ですが、この副腎が悪くなると上手くステロイドが出せないため、皮膚が炎症を起こしてアトピーになるのです。
この副腎を良くすることで、あなた自身の身体からステロイドを出せるようにすることで、根本的にあなたのアトピーを解決することが大切なのです。

副腎のポイントは、上の画像の④の部分です。
気をつけの姿勢をした時に、両肘の高さの背骨の両脇部分です。
ここに陶板浴のミネラルクリームを塗ると効果的です。

次に、アトピーのあなたにおすすめなのが、画像の①の部分、胸腺です。
胸の真ん中のところにミネラルクリームを塗ってください。

最後に欠かせないのが、上の画像の②の部分、肝臓です。
肝臓とアトピーも密接な関係ですので、ここもミネラルクリームを活用していきたいのです。
肝臓のポイントは範囲が広いので、画像を参考にミネラルクリームを広く塗ってください。
お腹側は、あばらの骨の上からお腹にかけての部分です。

本気で陶板浴の効果でアトピーを解決したいなら

このミネラルクリームの活用法は、普段から使うのももちろん良いのですが、一番のおすすめは陶板浴に入浴する前にミネラルクリームを塗ることです。
陶板浴の効果を出すコツは、あなたの身体の固いところを柔らかくしてから陶板浴に入ることです。
陶板浴に入る前にミネラルクリームを塗ることで、少しでもあなたの身体が柔らかい状態で陶板浴に入ることが出来れば幸いです。

しかし、もしあなたが、もっと手っ取り早く、そして確実に、あなたの身体の固いところ(つまり悪いところ)を見極めて柔らかくし、本気でアトピーを解決したいと思うなら、なごやか式の陶板浴がおすすめです。

実は、なごやかも最初は陶板浴だけで開業しました。
陶板浴だけでアトピーが解決するならと思い、私が持っていた技術を封印していたのです。
しかし、その結果は失敗でした、、、

紹介した事例の小学校1年生の女の子のように、陶板浴に入る前に温熱療法を行うことで、あなたの身体の固いところ(つまり悪いところ)が柔らかくなり、あなたのアトピーがどんどん良くなっていくのです。

もしあなたが、なごやか式の陶板浴で本気でアトピーを解決したいと思うなら、こちらの記事がおすすめです。

予約・お問い合わせはこちら
1日3名限定の完全予約制
📞048-265-2060
6月新規、予約満杯。
7月新規、残り3名。

受付時間:
8:00〜17:00 土曜8:00〜12:00
定休日:
月曜、日曜、祝日
※不定休あり

タイトルとURLをコピーしました