陶板浴が効果なしになる温め方とは?

陶板浴が効果なしの温め方 詳しく知る陶板浴

あなたが陶板浴で効果なしの理由

もしあなたが、陶板浴に通っているけれど陶板浴の効果を感じない、と思ったことがあるなら、それは陶板浴の温め方に問題があるかもしれません。

他にも、
・本気で不調を解決したい
・陶板浴の選び方で悩んでいる
・陶板浴の効果を出したい
とあなたが思ったなら、これから話すことがきっと役に立つと思います。

陶板浴の効果を出す3つのポイント

なごやか式の陶板浴のように、こだわりにこだわった陶板浴はまずありませんが、それでも陶板浴を選ぶときのポイントをいくつかあなたにお伝えしたいと思います。

陶板浴の効果があるかないか、それは抗酸化の陶板浴なのか還元の陶板浴なのかではありません。
陶板浴の種類よりも重要なことがあるので、3つのポイントをお伝えします。

1.陶板浴の効果を出す空気へのこだわり
2.陶板浴の効果を出す温め方へのこだわり
3.陶板浴の効果を出す建材へのこだわり

この3つが陶板浴を選ぶときのポイントになります。
この記事では2つめ、なぜ陶板浴の効果は温め方で決まるのかについてお話ししていきます。

もしあなたが、「なぜ、陶板浴の効果は空気へのこだわりで決まるのか?」について興味があれば、こちらの記事もご覧ください。

陶板浴が効果なしどころか逆効果?

あなたは、陶板浴の温め方は2種類あることをご存知ですか?
陶板浴は、お湯で温める陶板浴と電気で温める陶板浴の2つがあります。

あなたが通う陶板浴は、お湯の陶板浴でしょうか、それとも電気の陶板浴でしょうか?
これについては、陶板浴に入浴して、わかる人にはわかります。
実際に入浴してみると、お湯の方が優しい熱という感じで、電気の方が直接的で熱い感じです。
わからない人は、陶板浴の経営者に直接聞けば良いでしょう。

ちなみに、私は関東の埼玉県と東京都と千葉県を中心に24カ所の陶板浴に行きました。
その度に、陶板浴の経営者にお湯か電気かを尋ねましたが、半分以上は電気の陶板浴でした。

そして、お湯の陶板浴と電気の陶板浴はどちらが良いのか?
これは、もちろんお湯で温めている陶板浴です。

では、電気の陶板浴はダメなのでしょうか?
これについてはダメとは言いませんが、陶板浴が効果なしになるどころか逆効果になることもあります。

実際に、千葉の方にある陶板浴では、電気とお湯の陶板浴の両方を持っていたのですが、電気の陶板浴では、具合悪くなる人が相次いだこともあり、電気はやめてお湯で温める陶板浴だけに変更したというところもあります。
健康な人が電気の陶板浴に入浴する分には、問題が起こることはほとんどないと思います。
しかし、陶板浴は何かしらの病気や不調を抱えている人が来られるケースが多いので、ちょっとした違いが大きな違いとなるのです。
つまり、陶板浴の温め方1つでも、陶板浴が効果なしになるどころか陶板浴が逆効果になることもあるのです。

お湯の陶板浴が良い3つの理由

なぜ、お湯で温めている陶板浴の方が良いのか?
理由は大きく次の3つになります。

1.自然に近い方が良い
2.身体をじんわり温めることができる
3.リラックスして入ることができる

この3つのポイントの1つ1つが、陶板浴の効果を出すために大切なポイントです。
どういうことか、1つずつ簡単に説明をします。

自然に近い方が良い

まず、1の「自然に近い方が良い」についてです。
これは、人というのは何事においても自然に近い方が良いのです。
食べ物でも住むところでも着るものでも何でもです。
そもそも、今あなたが悩む不調というのは、あなたの生活が不自然だから起こっているのです。

陶板浴の温め方も同じです。
なるべく自然に近い温め方の方が、陶板浴の効果を発揮するのです。
そのため、陶板浴は電気の陶板浴より、お湯で温めた陶板浴が効果を発揮してくれるのです。

身体をじんわり温めることができる

そして次に、2の「身体をじんわり温めることができる」についてです。
電気の陶板浴だと、伝わる熱が直接的で暑いのです。
しかし、お湯で温める陶板浴だと、伝わる熱が柔らかくて温かさが気持ちいいのです。
すると、身体をじんわりと温めることができるので、長い時間でも息苦しくなく気持ちよく入ることが出来るのです。

身体を温める自然療法は陶板浴に限らず、岩盤浴や酵素風呂、よもぎ蒸しや砂風呂など他にもたくさんあります。
そして、どの療法においてもピンからキリまでありますが、なかなかこだわっているところがありません。
なごやか式の陶板浴は、身体をじんわり温めることにこだわりにこだわっていますが、これこそが陶板浴の効果を出す重要なポイントなのです。

リラックスして入ることができる

そして最後に3つめの「リラックスして入ることができる」についてです。
電気の陶板浴だと暑くて少し息苦しい状況になり、あなたはリラックスできません。
しかし、お湯の陶板浴だと優しく熱が伝わります。
すると、温かさもほどよく息苦しくないので、あなたはリラックスして陶板浴に入ることができるのです。

陶板浴の効果を出すポイント

そして実は、リラックスして身体をじんわり温めることは、陶板浴の効果を出すために最も重要なことです。
陶板浴の目的は、あなたの身体にたまった毒を出すことです。
なぜなら、あなたの身体にたまった毒を出すことができれば、あなたの不調は解決していくからです。

しかし、あなたの身体にたまっている現代の毒は、なかなか出すのが難しい毒なのです。
そしてこの毒は、肩こりや頭痛や腰痛を始め、アトピーやアレルギー、生理痛や子宮筋腫など、他にもあなたの不調に必ず影響しています。

あなたが本当にリラックスして陶板浴で身体をじんわり温めることができれば、あなたの身体にたまった毒が出ていき、あなたの不調は解決していきます。
しかし、これがなかなかそうは上手くいきません。

実は私は、これだけこだわったなごやか式の陶板浴なら、あなたの不調は解決するという自信がありました。
そして、なごやかも開業当初は私が持っていたある技術を封印し、陶板浴の効果だけでやっていました。
しかし、結果は失敗でした、、、

実は、本当に陶板浴の効果を出して、あなたの不調を解決するのには、陶板浴に入る前にたった1つあることをする必要があったのです。
そのあることを行うようにしてから、それまで陶板浴で良くならなかった人たちが一気に良くなり出したのです。

もしあなたが、なごやか式の陶板浴で本気で不調を解決したいと思うなら、こちらの記事がおすすめです。
あなたの不調が解決するワケを話しています。

予約・お問い合わせはこちら
1日3名限定の完全予約制
📞048-265-2060
6月新規、予約満杯。
7月新規、残り3名。

受付時間:
8:00〜17:00 土曜8:00〜12:00
定休日:
月曜、日曜、祝日
※不定休あり

タイトルとURLをコピーしました